堀内グループの
成長戦略

堀内グループ概要

 私たち堀内グループは、1949年(昭和24年)の創業以来企業理念である 『地域の発展を共に追求し、共に幸せになること』を大切にし 、経営方針である『社員を育て、守ること』を追及し、静岡県磐田市にて、建築・土木関連事業を拡大して参りました。
 2011年の東日本大震災以降、変化する経営環境に対応すべく、環境事業への投資を加速し、現在ではグループ全体でのカーボンニュートラルの達成を成し遂げました。また、今後のスピードを増す環境変化に対応する為には、グループ全体での若返りが必要であり、性別や国籍を問わず、新しい若い力が活躍できる企業づくりを進めております。
 堀内グループはこれからも、持続可能な世界を目指し、建築・土木関連事業の更なる技術革新の追求と、環境事業や海外事業への研究開発および投資を促進し変革し続けて参ります。

堀内グループ構成と
事業領域

 私たち堀内グループは、建築・土木分野における「製品のライフサイクル」の質の向上を追求する株式会社堀内土木、業界および日本の労働環境課題を解決する為に、「人材資源の価値創造」を行い、各企業へ提供する株式会社堀内商事に加え、持続的可能な社会を創造する為に、グループ内の「カーボンニュートラル」を達成する堀内エネルギー各社により構成されます。

製品のライフサイクル

グループ成長戦略方針

私たち堀内グループはグループおよび各社が持続的に成長する為の方針を以下に掲げ、挑戦し続けます。

グループ全体
  • SDGsの取り組みに賛同し、持続可能な世界の実現に向けてどのように貢献できるかを、学び、考え、チャレンジ致します。
  • 性別や国籍に問わず、多様な人材が業界内で活躍できる仕組みの構築にチャレンジ致します。
株式会社堀内土木
  • 既存事業に対する適切な設備投資をし、製品とサービスの品質管理・安定供給に努め、製品のサイクルの質向上を追及します。
  • 再生可能エネルギー生産時に発生する産業廃棄物のリサイクルと新商品の研究開発に取り組みます。
株式会社堀内商事
  • デジタル技術を活用した新たな教育システムを構築し、国内外問わず人材確保に努め、不足する人的資源の解決を図ります。
  • 生産性向上のため、IOTやICT等の最新技術を積極的に活用し、人材育成の価値を高め、人的資源供給の新たな市場の開拓を目指します。
  • 日本の技術、人材を活用し、グローバル市場進出への取り組みと投資を拡大致します。
堀内エネルギー各社
  • カーボンニュートラルの次なるステップを追及し、カーボンニュートラルの「質」を追求し、新製品の開発に取り組みます。
  • エネルギー基本計画に基づき、水素事業への参画を加速させ、研究開発と投資を進めます。
製品・サービス
既存 新規
市場・顧客 既存 市場拡大戦略
特殊技術への投資拡大
品質管理と安定供給
新製品開発戦略
脱炭素関連新商品
産廃関連新商品
新規 新市場開拓戦略
人的資源供給事業
カーボンニュートラル推進事業
多角化、グローバル戦略
水素関連事業
人的資源海外拠点創造事業
  • 事業拡大
  • 新規事業
Page Top